クレンジング剤選びを間違えるとニキビが悪化!正しい選び方とは?

ニキビがなかなか治らなかったり、治ったと思っても繰り返しできてしまうのは、クレンジングに原因があるのかもしれません。
ニキビを予防するために洗顔に力を入れている人は多いと思いますが、実はクレンジングもニキビと大きな関係があります。

クレンジングの方法や、普段使用するクレンジング剤を変えるだけでニキビが治る可能性もあるので、まずは自分が行っているクレンジングを見直してみると良いでしょう。

例えば、クレンジング剤にはオイルタイプやジェルタイプ、リキッドタイプ、ミルクタイプなどさまざまなものがあり、使用するクレンジング剤の種類によっては肌荒れを起こしやすくなってしまうことがあります。
特にオイルタイプやリキッドタイプのクレンジング剤は、洗浄力が高いことに加えて肌への刺激も強いため、敏感肌・乾燥肌の人が使用すると肌に負担を掛けてしまう恐れがあります。

肌を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまい、ニキビができやすい状態にしてしまっている可能性もあるので、なかなかニキビが治らない人は低刺激のクレンジング剤に変えてみると良いでしょう。
とは言え、毛穴に汚れが溜まるとニキビの原因菌が繁殖しやすくなってしまうため、洗浄力が低すぎるクレンジング剤は避けたいですね。

クレンジング剤によってはニキビができやすい

ニキビができやすいクレンジング剤は、使用する人の肌質によって違ってきます。

例えば、皮脂の分泌量が普通の人よりも多めなオイリー肌の人は、肌を守るためにと洗浄力の低い低刺激のクレンジング剤を使用していると、汚れを落とし切れずにニキビができてしまうことがあります。

毛穴に皮脂汚れが溜まると、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。
肌に負担を掛けたくないという気持ちはあるかと思いますが、毛穴に入り込んだ汚れをきちんと落とせるクレンジング剤を選びましょう。

また、敏感肌・乾燥肌の人は、肌への刺激が強いクレンジング剤の使用でニキビができやすくなってしまうことがあります。
界面活性剤の配合量が多く、洗浄力が高いクレンジング剤は、肌への刺激も強いことが多いです。
肌を健康に保つために必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌が悪化してしまう恐れもあります。

肌の乾燥はニキビ以外の肌荒れにもつながるので、クレンジング後に肌の突っ張りを感じる場合はクレンジング剤を見直してみたほうが良いかもしれません。
ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプのクレンジング剤なら、やさしい洗浄力で敏感肌・乾燥肌の人でも負担を掛けることなくメイク汚れを落とせます。

ニキビが気になる人が選ぶクレンジング剤

ニキビをつくらないためには、自分の肌に合ったクレンジング剤・自分のメイクに合ったクレンジング剤を使用することが大切です。
毛穴に入り込んだ汚れまできちんと落とせる洗浄力と、クレンジング後の肌を乾燥させない保湿力を兼ね備えたクレンジング剤なら、ニキビを増やすことなく美肌を目指していけるでしょう。

「DUOクレンジングバーム」は、メイクと汚れはしっかり洗い落としながらも、必要なうるおいを補ってさっぱり&しっとりとした洗いあがりを実現します。
クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの5つの役割を兼ね備えているクレンジング剤なので、W洗顔不要で肌に繰り返し負担を掛ける心配がありません。

肌にとって危険な成分は配合されておらず、敏感肌の人でも安心して使用できるやさしいクレンジング剤なので、市販のクレンジング剤で肌荒れを起こした経験がある人でも問題なく使用できるのではないでしょうか?

加水分解コラーゲンや加水分解ヒアルロン酸などの整肌成分も配合されているので、角質層まで浸透してすこやかな肌をサポートします。
また、液だれせず肌に密着するバームタイプなので、まつエクをしている人でも手軽にメイクを落とせます。