毛穴の黒ずみ対策は洗顔が重要

鼻の毛穴の黒ずみが気になる人に一番おすすめしたいのが「洗顔」です。

実は、洗顔をしっかりと行うだけでも十分鼻の毛穴の黒ずみを改善することができるでしょう。

逆に、洗顔方法を間違えると鼻の毛穴の黒ずみは悪化してしまいます。

黒ずみを悪化させてしまう洗顔方法は、クレンジング不足です。

肌は何をしていなくても空気や空気中の汚れ、紫外線等が付着しています。

肌に汚れが付着したまま眠ってしまうと、汚れが酸化し黒ずみも悪化してしまうでしょう。

毎日しっかりと洗顔をすることで、綺麗な毛穴を保つことができるのです。

クレンジングをせずに普通の洗顔料のみでメイクを落としている人もいるかもしれませんが、それでは顔の汚れもメイクも十分落とすことができません。

そのままではどんどん毛穴に汚れが入り込み、黒ずみとなってしまうでしょう。

逆に、洗い過ぎもいけないといわれています。

毛穴が気になるからといって洗い過ぎて居てはいけません。

多くの毛穴の黒ずみが、洗い過ぎが原因で出来ているといわれています。

実は、普通の毛穴の汚れはターンオーバーで自然にはがれおちます。
そのため、悪化していない普通の黒ずみ程度であれば、普段のスキンケアを行っているだけでも十分改善をすることができるのです。

しかし、洗い過ぎや洗わな過ぎで悪化した黒ずみは普通に生活していても落ちることはありません。

正しい洗顔方法を身に付けて、黒ずみを改善するようにしましょう。

正しい洗顔方法といっても決して難しいことはありません。

まずはたっぷりと泡立てることからはじめましょう。
軽く水洗いをした肌に、たっぷり泡立てた洗顔料で優しく肌を滑らせるのです。

泡立てるのが苦手という人は、泡立て不要の洗顔料もおすすめです。

小鼻は気になるかもしれませんが、強くこすり過ぎずに適度に洗うようにして下さい。

全体をしっかりと洗い終わったら、すすぎましょう。
すすぎは洗顔の中でも一番丁寧に行わなければいけません。

一番時間をかけて丁寧に、洗顔料を残さないようにすすぐようにしましょう。

洗顔後は、清潔なタオルで拭いて下さい。

いつも同じタオルで洗顔をしていては、せっかく洗った顔に雑菌がついてしまいます。

清潔なタオルで擦らずに顔を拭いて、スキンケアに移りましょう。

毎日の洗顔はとても大切な事です。

簡単なことではありますが、毎日丁寧な洗顔を続けるだけでも十分、鼻の毛穴の黒ずみを改善する効果を実感できるのではないでしょうか。

鼻の毛穴の黒ずみが気になる人は、まずは洗顔から初めて見て下さい。

 

黒ずみは毛穴の詰まりのこと?

鼻の毛穴が黒くなっている状態を「黒ずみが詰まっている」と形容しますよね。

しかしこの「黒ずみ」が何なのか知らない人も多いでしょう。

毛穴の黒ずみの正体は、角栓です。
角栓とは、酸化した皮脂と古い角質が融合したもののことをいいます。

黒ずみが出来るのは、肌表面が油分過多になり、皮脂分泌が過剰になったときに起こります。

皮脂のせいで毛穴が詰まってしまうのでしょう。

そんな状態のまま肌のターンオーバーが遅れてしまうと、毛穴に詰まった古い角質も、皮脂も、十分に除去することができなくなってしまいます。

このせいで、皮脂と古い角質が毛穴の中に詰まってしまうのでしょう。

これが、毛穴の黒ずみの原因です。

ただ毛穴に皮脂が詰まるだけでは黒くはなりません。
詰まった皮脂を除去できないままでいると、どんどん酸化し黒い角質となってしまうのでしょう。

皮脂と角質が結びつくと固くなり、形が形成され、簡単に除去することはできなくなってしまいます。

肌の為にも、出来るだけ早く改善をした方が良いでしょう。
黒ずみが悪化すると、どんどん固くなり簡単には改善することができなくなってしまいます。

シンプルケアで毛穴対策

毛穴は一日ケアしただけでは改善しません。
日々のケアを徹底して、少しずつ改善をするようにしましょう。

そして、朝には朝の、夜には夜の適したケアを行う必要があります。

まずは朝のケアです。

朝の洗顔は水洗顔で十分という人もいますが、毛穴ケアをしたいのであれば朝もしっかりと洗顔料を使ってケアをしましょう。

通常の肌質であれば、洗顔は水のみでも大丈夫かも知れません。

洗い過ぎによる肌荒れが起こる人もいるので、水洗顔が良いと指示している方も多いでしょう。

しかし、毛穴の汚れを改善したいのであれば、水洗顔では足りません。

水の洗顔は、あくまで水の力で顔表面の汚れを洗い流すことしか出来ないのです。

そのため、毛穴の奥に詰まった皮脂汚れも洗い流すことはできないでしょう。

このまま洗顔をしていても、黒ずみを改善することは不可能です。

確かに少しずつは汚れは落ちるかも知れませんが、水だけでは落ちしきれない汚れを落とせる洗顔料で洗顔をした方が、より確実に毛穴ケアをすることができるでしょう。

しっかりと毛穴ケアをしたいのであれば、水洗顔ではなくたっぷりの泡で洗顔をして下さい。

泡洗顔をしたら次はスキンケアです。

スキンケアは普段通り、しっかりと保湿をし、乳液で蓋をして、潤いを保持するようなスキンケアを心掛けましょう。

丁寧に保湿をすれば、肌内部に水分が満ちて皮脂量も安定します。

皮脂量のコントロールができれば、毛穴の酸化も防ぐことができるでしょう。

朝だからといって手を抜かずに、丁寧に洗顔をすることが朝の毛穴ケアでは大切なのです。

 

 

毛穴の汚れはクレンジングで解消できる?つるつる肌の作り方

毛穴の汚れ、気になりますよね。
毛穴にいろんなものが詰まってしまいます。

でも、そんな毛穴の汚れの正体ご存じですか?

一般的に、毛穴に詰まった汚れのことを角栓といいます。
鼻パックをすると、角栓がたっぷりと撮れますよね。

角栓の正体は、ほとんどがタンパク質だそうです。
皮脂だと思っている方が多いみたいですが、角栓は皮脂3割、タンパク質7割だそうです。

体にはさまざまなたんぱく質があります。
たとえば、体から出てくる垢もタンパク質の一種。

毎日体を洗っていても垢はなかなか全部取り除くことはできません。
あかすりなど、しっかりと擦らないと体に残ってしまうでしょう。

また、角栓が皮脂だけであれば取り除くことは決して難しくはありません。
クレンジングバームを使えば皮脂は取り除くことができます。

でも、タンパク質も混ざっているんだから簡単に取り除くことは難しいですよね。

角栓を取る方法はいろいろあります。
しかし、鼻パック等無理やり剥がす方法を取ってしまうと、鼻の毛穴の開きが大きくなり、なかなか戻らないでしょう。

肌の為にも、毛穴の汚れは毎日少しずつケアをするようにして下さい。
少しずつでもケアをすれば、徐々に綺麗になります。

毛穴が目立ち始めるのは老化が原因?

赤ちゃんの肌はとてもキメが細かく、毛穴が全く目立ちません。

また、10代の肌も多くの人が綺麗な状態の毛穴を維持することが出来るでしょう。

しかし、年齢を追うごとにどんどん毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

これは、肌内部の栄養が不足してしまうからです。
人の肌内部にはさまざまな栄養があります。
しかし、年齢を追うごとにどんどん減少してしまうのです。

特に、肌の潤いやハリを保つコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると、人の皮膚はどんどん老化し、毛穴も目立ちやすい状態となってしまいます。

そのため、年齢を追うごとに毛穴が目立つのは当然でしょう。

しかし、人によっては若くても毛穴が開き、閉じない状態となっている人もいます。
毛穴が開くにはいろいろな原因があるでしょう。

普段のスキンケア、日常生活、過剰な皮脂分泌や日焼けが原因の場合もあります
毛穴が開きやすい生活をしていれば、若くても、10代でも毛穴が開くことは当然あるのです。

しかし、30代40代の肌よりも、若い素肌の方が毛穴は閉じやすいのです。
努力をすることで、毛穴は閉じます。

毛穴ケアに良いスキンケアを使い、丁寧なケアを心掛けましょう。

しっかりとケアを続ければ、毛穴も少しずつ小さくなるかもしれません。

毛穴の開きとスキンケア

毛穴ケア、気になりますよね。
やはり毛穴を改善するにはスキンケアが一番!

そこで気になるのが、スキンケアの種類。

スキンケアの基本はライン使いです。
化粧水、乳液、クリームや美容液等さまざまな工程で行います。

しかし最近はオールインワンタイプのスキンケアも増えて来ました。
時間がかからず、手間もかからず、1本でスキンケア完了なのでお財布にも優しい。

オールインワンタイプのスキンケアで毛穴が改善出来たらお得ですよね。

オールインワン商品はとても簡単にケア出来ます。
保湿力が高い商品も多く、肌の摩擦も少ないので美肌効果も高いといわれています。

しかし、オールインワン商品は浸透率が悪いと評判です。
潤いが足りない、べたつきやすい等のデメリットも多いでしょう。

もし、凄く自分に合ったオールインワンスキンケアを見つけた!
という訳でないのなら、毛穴ケアにはライン使いが良いのではないでしょうか。

ライン使いには意味があります。

ローションで水分を補給し、乳液で蓋をして、等、それぞれ意味がある動作なのです。
1本で済ますと簡単に終わりますが、その分足りないところも出てくるでしょう。

出来るだけ早く毛穴を改善したいのであれば、毛穴改善効果の高いスキンケアをラインで使った方が良いかも知れませんね。