昔、大人気だった美白の女王 鈴木その子さんとは?

1990年代後半に「美白の女王」として有名になった鈴木その子さん。

今の若い方にはあまり浸透していない人物かもしれませんが、30代前半以降の方にとっては、忘れられないほどのインパクトがあったのではないでしょうか。

美白の女王と呼ばれる鈴木その子さんですが、1980年に出版した本によってその名を世間に知られることとなり、その後美容研究家として活動されていました。

現在は亡くなられておりますが、ものすごく白い顔と美白ライトが印象的な方でしたよね。

名前が知られる前はごく普通の主婦として生活していたのですが、お父様が亡くなられたことで遺産が手に入り、その遺産で美容健康食品会社の株式会社トキノを設立したのです。

美容科としての活動はもちろんですが、白米食を中心としたダイエットの提唱なども行なっていたこともあって、年商も当時では91億円もあったのだとか。

13億の豪邸も購入されていたので、当時は注目されていた事業家でもあったのですね。

息子さんもいたようですが、残念ながら事故により亡くなられています。

また鈴木その子さん自身も、肺炎により2000年他界されています。

肺炎が原因ということで、当時はメディアにも多く出演されていたこともあって、激務も原因かもしれませんね。

ちなみに残された遺産は約88億にも昇る金額と言われており、長女のまゆみさんが相続されたそうです。

外見のインパクトも大きい鈴木その子さんでしたが、事業家としてのインパクトも絶大です。

もっと長く生きておられたら…ものすごい事業家として君臨されていたかもしれませんね。

嬉しいダイエット法!痩せたい人は食べなさい!その理由は?

鈴木その子さん著書の「痩せたい人は食べなさい」という本。

一体なぜそう言われるのでしょうか。

減量やダイエットと言われれば、思いつくのは食べることを控えるということですよね。

鈴木その子さんの場合は、この考えを真っ向から否定していることになります。

人間は食べることが本能であり、その本能を制限されてしまうと大きなストレスとなってしまいます。

またできるだけ添加物や農薬の少ないものを使用して、美味しく安全にストレスもなく、理想のプロポーションを作っていこうという考えなのです。

確かにダイエットによるストレスはリバウンドの原因にもなりますよね。

リバウンドもなく、スッキリきれいに痩せる方法をこの本では伝授してくれていたのです。

ただその背景には亡くなられた息子さんのこともあったようです。

鈴木その子さんの息子さんは、拒食症を患っておりベランダにて脳貧血を起こし転落死してしまったそうです。

こういうことがあったことで、鈴木その子さんはダイエットの研究を始めてこの本を出版されたのでしょう。

拒食症になって痩せられたとしても、その痩せ方では何も喜びは生まれないと訴えたかったのかもしれません。

この本にはこのような理由がちゃんとあったのですね。

ダイエットで無理されている方は、もう一度自分のダイエット法を見直すための参考本にして、健康的に痩せましょう。

鈴木その子式ダイエット方法

白米

鈴木その子さんの「痩せたい人は食べなさい」この本には、健康的に安全に癒せる方法が書かれています。

ではその具体的な方法とはどのようなものなのでしょうか。

今の時代糖質制限が主流となったダイエット方法ですが、中でも白米は悪者のように扱われており、白米の摂取量を減らすことで痩せられると言われています。

ですが鈴木その子さんのダイエット方法では、白米をしっかりと摂取し、エネルギーとしていくことを推奨しているのです。

またご飯にもしっかりとタンパク質が含まれていることから、意識してタンパク質を摂取せずご飯からのタンパク質を摂取することで十分だと説明しています。

そのためご飯はしっかりと摂取しすれば、副食であるおかずのタンパク質や脂質を低く抑えれば、バランスが取れるということなのです。

無理な食事を行うことでストレスも知らぬ間に増え、そのストレスが原因でリバウンドする可能性もあると考えられています。

このように特に何も気にすることなくご飯を食べ、しっかりと普通のおかずを食べることでも痩せることはできるということです。

糖質はガソリンでもあるため、不足すれば脂肪燃焼もうまく進みません。

しっかりと痩せたいのであれば、ご飯を食べる、そして低タンパク低脂肪で健康的な食事を続ける、これが鈴木式と呼ばれる方法です。

過疎な糖質制限で疲れている方、もう一度この方法で見直してみたいですね。

美肌、美白効果抜群のトマトのすごい力とは?

トマトに豊富に含まれる成分「リコピン」には、美白効果があると言われています。

リコピンは、体の錆びつきを予防する、強い抗酸化作用を持っています。
その強さは、カロチンのおよそ2倍、美容に効果があると言われるビタミンEのおよそ100倍もの抗酸化能力です。
メラニン色素が生成される過程で増えてしまう活性酵素を除去し、顔全体がくすんでしまう原因のひとつを解消できるので、美白に効果が期待できるというわけです。
また、リコピンには「チロシナーゼ」という物質を抑制する働きもあり、これはメラニン色素の生成を防ぐことに繋がります。
チロシナーゼは、メラニン色素の生成に欠かせない物質のひとつです。
リコピンを摂取し、チロシナーゼを抑制することで、シミ・そばかす・くすみの原因となるメラニン色素自体を減らしてしまえるのです。

リコピンは、トマトだけに含まれている成分ではありません。
スイカやピンクグレープフルーツ・あんず・パプリカなどにも含まれており、さまざまな食品から摂取できます。
トマトが赤いのは、リコピンが大量に含まれているからです。
「赤」を目印に食品を選べば、よりリコピンを摂取しやすくなるでしょう。

トマトジュースもおすすめ

リコピンが多く含まれているトマトは、美白に高い効果が期待できます。
では、トマトジュースはどうなのでしょうか?

美白効果を期待するなら、1日に必要なリコピン摂取量は“15mg”だと言われています。
トマトジュース1本(約180ml)には、18mgのリコピンが入っているので、1日1本飲めば理想的な量のリコピンを摂取できることになります。
もしも、リコピン15mgをトマトを食べることで摂取しようとすると、およそLサイズのトマトを1日2個食べなければいけません。
お酒を飲んだりタバコを吸ったりする人は、さらに沢山のトマトを食べなければ美白効果が得られないかもしれません。
とはいえ、1日に2個以上のLサイズトマトを食べるのは、意外と大変なことだと思います。
そこで、美白効果を期待するために毎日リコピンを摂取するなら、トマトジュースが手軽で効率的だというわけです。

また、トマトジュースに含まれるリコピンは、脂肪分と一緒に摂取することで吸収が高まると言われています。
トマトジュースと牛乳などを組み合わせて飲むように心掛ければ、よりリコピンの美白効果を実感できるのではないでしょうか。
牛乳なら、女性に不足しがちなカルシウムも合わせて補うことができます。

簡単トマト料理

トマトジュース

美肌・美白のために、毎日の食事にトマトを取り入れてみましょう。
トマトは、さまざまな料理に使用できる万能な食材なので、毎日飽きずに食べ続けられるのではないでしょうか。
ここでは、おすすめのトマト料理をいくつか紹介します。

まずは、「トマトのガーリックサラダ」です。
トマト、アボカド、サラダ菜などの食材を切ります。
次に、オリーブオイル、酢、おろしにんにく、塩、粉チーズ、乾燥パセリをよく混ぜ合わせて作ったソースと食材を和え、盛り付けるだけの手軽に作れるサラダです。
リコピン豊富なトマトと、肌のターンオーバーを活性化させるアボカドで、美肌を目指せる一品です。

また、一人暮らしでも短時間で手軽に作れてしまうトマト料理として、「トマトのチーズ焼き」をおすすめします。
トマトを薄くカットし、溶けるチーズと粗びき黒コショウを乗せて加熱するだけの簡単なレシピですが、ジューシーなトマトはワインとの相性も抜群です。
仕事に疲れて帰った夜も、短時間で簡単に作れてしまうトマト料理のレシピを知っておけば、無理なくお肌のためのリコピン摂取ができるでしょう。
トマトソースやトマトジュースを自宅に常備しておき、普段の料理に隠し味として加えてしまうという方法もあります。

毛穴の黒ずみ対策は洗顔が重要

鼻の毛穴の黒ずみが気になる人に一番おすすめしたいのが「洗顔」です。

実は、洗顔をしっかりと行うだけでも十分鼻の毛穴の黒ずみを改善することができるでしょう。

逆に、洗顔方法を間違えると鼻の毛穴の黒ずみは悪化してしまいます。

黒ずみを悪化させてしまう洗顔方法は、クレンジング不足です。

肌は何をしていなくても空気や空気中の汚れ、紫外線等が付着しています。

肌に汚れが付着したまま眠ってしまうと、汚れが酸化し黒ずみも悪化してしまうでしょう。

毎日しっかりと洗顔をすることで、綺麗な毛穴を保つことができるのです。

クレンジングをせずに普通の洗顔料のみでメイクを落としている人もいるかもしれませんが、それでは顔の汚れもメイクも十分落とすことができません。

そのままではどんどん毛穴に汚れが入り込み、黒ずみとなってしまうでしょう。

逆に、洗い過ぎもいけないといわれています。

毛穴が気になるからといって洗い過ぎて居てはいけません。

多くの毛穴の黒ずみが、洗い過ぎが原因で出来ているといわれています。

実は、普通の毛穴の汚れはターンオーバーで自然にはがれおちます。
そのため、悪化していない普通の黒ずみ程度であれば、普段のスキンケアを行っているだけでも十分改善をすることができるのです。

しかし、洗い過ぎや洗わな過ぎで悪化した黒ずみは普通に生活していても落ちることはありません。

正しい洗顔方法を身に付けて、黒ずみを改善するようにしましょう。

正しい洗顔方法といっても決して難しいことはありません。

まずはたっぷりと泡立てることからはじめましょう。
軽く水洗いをした肌に、たっぷり泡立てた洗顔料で優しく肌を滑らせるのです。

泡立てるのが苦手という人は、泡立て不要の洗顔料もおすすめです。

小鼻は気になるかもしれませんが、強くこすり過ぎずに適度に洗うようにして下さい。

全体をしっかりと洗い終わったら、すすぎましょう。
すすぎは洗顔の中でも一番丁寧に行わなければいけません。

一番時間をかけて丁寧に、洗顔料を残さないようにすすぐようにしましょう。

洗顔後は、清潔なタオルで拭いて下さい。

いつも同じタオルで洗顔をしていては、せっかく洗った顔に雑菌がついてしまいます。

清潔なタオルで擦らずに顔を拭いて、スキンケアに移りましょう。

毎日の洗顔はとても大切な事です。

簡単なことではありますが、毎日丁寧な洗顔を続けるだけでも十分、鼻の毛穴の黒ずみを改善する効果を実感できるのではないでしょうか。

鼻の毛穴の黒ずみが気になる人は、まずは洗顔から初めて見て下さい。

 

黒ずみは毛穴の詰まりのこと?

鼻の毛穴が黒くなっている状態を「黒ずみが詰まっている」と形容しますよね。

しかしこの「黒ずみ」が何なのか知らない人も多いでしょう。

毛穴の黒ずみの正体は、角栓です。
角栓とは、酸化した皮脂と古い角質が融合したもののことをいいます。

黒ずみが出来るのは、肌表面が油分過多になり、皮脂分泌が過剰になったときに起こります。

皮脂のせいで毛穴が詰まってしまうのでしょう。

そんな状態のまま肌のターンオーバーが遅れてしまうと、毛穴に詰まった古い角質も、皮脂も、十分に除去することができなくなってしまいます。

このせいで、皮脂と古い角質が毛穴の中に詰まってしまうのでしょう。

これが、毛穴の黒ずみの原因です。

ただ毛穴に皮脂が詰まるだけでは黒くはなりません。
詰まった皮脂を除去できないままでいると、どんどん酸化し黒い角質となってしまうのでしょう。

皮脂と角質が結びつくと固くなり、形が形成され、簡単に除去することはできなくなってしまいます。

肌の為にも、出来るだけ早く改善をした方が良いでしょう。
黒ずみが悪化すると、どんどん固くなり簡単には改善することができなくなってしまいます。

シンプルケアで毛穴対策

毛穴は一日ケアしただけでは改善しません。
日々のケアを徹底して、少しずつ改善をするようにしましょう。

そして、朝には朝の、夜には夜の適したケアを行う必要があります。

まずは朝のケアです。

朝の洗顔は水洗顔で十分という人もいますが、毛穴ケアをしたいのであれば朝もしっかりと洗顔料を使ってケアをしましょう。

通常の肌質であれば、洗顔は水のみでも大丈夫かも知れません。

洗い過ぎによる肌荒れが起こる人もいるので、水洗顔が良いと指示している方も多いでしょう。

しかし、毛穴の汚れを改善したいのであれば、水洗顔では足りません。

水の洗顔は、あくまで水の力で顔表面の汚れを洗い流すことしか出来ないのです。

そのため、毛穴の奥に詰まった皮脂汚れも洗い流すことはできないでしょう。

このまま洗顔をしていても、黒ずみを改善することは不可能です。

確かに少しずつは汚れは落ちるかも知れませんが、水だけでは落ちしきれない汚れを落とせる洗顔料で洗顔をした方が、より確実に毛穴ケアをすることができるでしょう。

しっかりと毛穴ケアをしたいのであれば、水洗顔ではなくたっぷりの泡で洗顔をして下さい。

泡洗顔をしたら次はスキンケアです。

スキンケアは普段通り、しっかりと保湿をし、乳液で蓋をして、潤いを保持するようなスキンケアを心掛けましょう。

丁寧に保湿をすれば、肌内部に水分が満ちて皮脂量も安定します。

皮脂量のコントロールができれば、毛穴の酸化も防ぐことができるでしょう。

朝だからといって手を抜かずに、丁寧に洗顔をすることが朝の毛穴ケアでは大切なのです。

 

 

自分に合ったクレンジング選びが美肌への近道!今話題のクレンジングバームとは?

美肌になりたいと思っている方、一番重要なのは化粧品であると考えているのではないでしょうか。

実は化粧品の中でも最も美肌に近づくために重要なのがクレンジングなのです。

意外と考える方も納得している方も、クレンジングがなぜ美肌に近づくために重要なのか、ご存知でしょうか。

実はクレンジング一つで、肌の潤いや健康が保たれるかどうかが決まってしまうのです。

クレンジング選び一つで美肌になる近道となるので、しっかりとどんな売れんジングを選べば良いか抑えておくようにしましょう。

まずクレンジングを選ぶ際、今話題となっているのがクレンジングバームだと言われています。

昔はオイル系が流行していたのですが、今のクレンジングはクレンジングバームなのですね。

クレンジングバームはテクスチャが優しく、特にこだわりのあるクレンジングの場合には成分が無添加で界面活性剤も配合されていないことが大きな特徴となっています。

界面活性剤は肌に大きな負担となりますし、添加物も敏感肌の方にとっては危険ですよね。

これらの成分が入っていないので安心して使用することもできますし、テクスチャーに関しても怖がる必要もないでしょう。

またクレンジングバームの中でも洗浄力と保湿に特化したものがあるので、さらに肌への負担が大きく軽減されるのです。

ダブル洗顔もしなくて良いものまであるので、肌にとってもすごく優しいクレンジングとなりますよね。

まずは美肌を目指したいなら、今のクレンジングではなく話題のクレンジングバームにも注目し試してみましょう。

クレンジングの種類と特徴

いつも使用するクレンジングですが、その種類と特徴についてはよくご存知でしょうか?

まずはたくさんのクレンジングがあるので、しっかりと知っておくようにしましょう。

では定番のオイルタイプクレンジングですが、界面活性剤の割合が多いので強い洗浄力があり、柔らかなテクスチャーが特徴です。

ジェルタイプのクレンジングは、洗浄力も強いのですがテクスチャーがやや硬めで肌に摩擦が起きる可能性があります。

シートタイプのクレンジングは、肌を擦りながら化粧を落とすため負担が大きく洗浄力も比較的強めです。

ミルクタイプは洗浄力があまり強くないため、テクスチャーは柔らかくてもしっかりメイクをしているときはメイクが残ってしまう場合があります。

またクリームタイプのクレンジングは肌にはとても優しいのですが、比較的油分が多く水に流れ落ちにくいので毛穴に残る可能性があります。

クレンジングと一言で言ってもこれだけたくさんのクレンジングがあるので、選ぶ際には迷ってしまいますよね。

ですがこれらの特徴を知っているからこそ、自分にあったクレンジングが選べるのです。

まずは自分が使用しているクレンジングが良いものなのか、肌に負担となっていないかを考えて使用し続けるのか選択しましょう。

クレンジングバームが人気のわけ

クレンジングの中でも最近話題のクレンジングバーム、一体どうしてここまで話題となり人気が出ているのでしょうか?

実はその理由にはクレンジングバームだからこそできる、ある方法があるのです。

クレンジングを使用した際、どんなクレンジングでも次に洗顔をしないと肌は綺麗な状態にはなりませんよね。

ですがクレンジングバームならそれだけでさっぱりと綺麗に汚れを落とし、ダブル洗顔が必要ないのです。

さらにクレンジングバームは洗浄力が強いのに肌に潤いを与える成分が配合されているものが多く、乾燥肌の方にとっても優しく汚れを落とすことができるのです。

化粧はもちろんですが毛穴に詰まった皮脂汚れまでしっかりと洗い流してくれるでしょう。

さらにテクスチャーもとても優しく、とろみのある柔らかさで肌に負担なく使用することができるのです。

クレンジングバームは1回で十分、そして何より洗浄力が高いのに潤いまで保ってくれるところが大きな魅力となって、高い人気を誇っているのでしょう。

オイルクレンジングなどでもさっぱりすると思っている方もいるかもしれません。

ですがさらに洗顔をしてしまえば肌にとっては大きな負担とってしまいます。

肌のことも考える、さらに将来の美肌につながるケアの一つとしてクレンジングバームを取り入れる方も少なくはありません。

美肌を意識している方は、クレンジングをクレンジングバームに見直してみることから始めましょう。

優秀なクレンジングバームの成分は他と大きな違いが!驚きの効果とは?

1本で7つの役割

ラミナーゼクレンジングバームは、ただメイクを落とすだけではありません。

ラミナーゼクレンジングバームは7つの役割を持っているのです。

その7つの役割とは、クレンジング、洗顔、毛穴ケア、抗老化作用、パック、マッサージ、そしてトリートメント効果です。

W洗顔が不要で、黒ずみ・くすみ、張り不足の悩みに対応しています。

ラミナーゼクレンジングバームの最新の技術と豊かな美容成分が、モチモチしっとり肌へと導いてくれるのです。

黒ずみ解消成分として、パパイン酵素とホホバ種子油が配合されているのが何気にポイントが高いです。

肌にダメージを与えない

一時的に肌に効果のある成分であっても、刺激のあるものや結果的に肌によくないものは安心して使うことはできません。

ラミナーゼクレンジングバームは、肌にダメージを与えないよう、完全防腐剤フリーとなっているのです。

パラペン、フェノキシエタノール、安息香酸ナトリウムなどは使用されていません。

また、鉱物油、アルコール、合成着色料も配合されていません。

W洗顔不要で、低刺激を実現していて、さらに肌にダメージを与えることがないので、敏感肌への使用もおすすめです。

独自洗浄技術ラメラテクノロジーとは?

毛穴の汚れもしっかり落とす「ラメラテクノロジー??

ラメラ(ラメラ構造)とは

肌の角質層は、角質細胞と角質細胞の間を埋める間にセラミドなどの細胞間脂質からできています。

細胞間脂質は、水-脂質-水-脂質-水…とミルフィーユのような層になっているのです。

このミルフィーユ状態の結晶構造をラメラ構造と呼んでいます。

肌はこのミルフィーユのような構造で、水分を保持し、保護機能を保っているのですね。

ラメラ構造を化粧品の構造に

皮膚臨床薬理研究所は、水と脂を層状に形成するラメラ構造の化粧品の開発に成功したのです。

人の肌にある細胞間脂質と同じラメラ構造の化粧品です。

この革新的な技術がラメラテクノロジーなのです。

ラメラテクノロジーは、日本だけでなく、アメリカやEU諸国でも特許を取得しています。

メイクも汚れもしっかり落とす

肌の汚れはメイクや皮脂などの油汚れ、汗やほこりなどの水性の汚れの2種類に分けることができます。

汚れを落とすには、油汚れには油分、水性の汚れには水に溶かし包み込む必要があるのです。

世界特許取得のラメラテクノロジーが生かされた洗浄成分は、水分と油分が層になって両方の性質を持っています。

余分な皮脂やメイク汚れ、目に見えない汚れもしっかり落とすことができるということですね。

ラメラ構造の中に汚れを取り込んで落とすので、刺激を与えることもないのです。

プラセンタの800倍の力フラーレンとは?

ハリ生成成分「フラーレン」配合

フラーレンって何?

フラーレンは炭素原子がサッカーボールのような球形で網目状につながった空洞の構造をしたクラスターです。

フラーレンの発見者は1996年にノーベル化学賞を受賞しているのです。

フラーレンの独自の特性を生かし、医療分野や化粧品に研究開発が世界で進められて応用されています。

ビタミンCの172倍の抗酸化力

フラーレンは老化の原因となる活性酸素を消去する働きを持っています。

その高い抗酸化力はビタミンCの172倍という試験結果が出ているのです。

特に紫外線によって肌に生成する活性酸素に対して高い抗酸化力があります。

低刺激で高い抗酸化力を期待できることから、美容業界でも注目されている成分なのです。

フラーレンの役割

フリーラジカルといった酸化ストレスや過剰な活性酸素は肌にダメージを与えます。

さらに、老化の要因になると言われています。

フラーレンのもつ高い抗酸化力は、シミやシワの生成を抑制し、健やかな肌へと導いてくれます。

メラニンを作るメラノサイト活性化因子をフラーレンが抑えるのです。

そして、フラーレンはプラセンタの800倍もの力があるとされています。

高い保湿効果と美肌効果が肌の状態を改善へと促します。

肌本来の保護機能が高まることで、ツヤや張りを生み出す美容効果を期待できるのです。

しかもフラーレンの効果は11時間持続するといわれているのですからすごいですね。