クレンジング剤選びを間違えるとニキビが悪化!正しい選び方とは?

ニキビがなかなか治らなかったり、治ったと思っても繰り返しできてしまうのは、クレンジングに原因があるのかもしれません。
ニキビを予防するために洗顔に力を入れている人は多いと思いますが、実はクレンジングもニキビと大きな関係があります。

クレンジングの方法や、普段使用するクレンジング剤を変えるだけでニキビが治る可能性もあるので、まずは自分が行っているクレンジングを見直してみると良いでしょう。

例えば、クレンジング剤にはオイルタイプやジェルタイプ、リキッドタイプ、ミルクタイプなどさまざまなものがあり、使用するクレンジング剤の種類によっては肌荒れを起こしやすくなってしまうことがあります。
特にオイルタイプやリキッドタイプのクレンジング剤は、洗浄力が高いことに加えて肌への刺激も強いため、敏感肌・乾燥肌の人が使用すると肌に負担を掛けてしまう恐れがあります。

肌を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまい、ニキビができやすい状態にしてしまっている可能性もあるので、なかなかニキビが治らない人は低刺激のクレンジング剤に変えてみると良いでしょう。
とは言え、毛穴に汚れが溜まるとニキビの原因菌が繁殖しやすくなってしまうため、洗浄力が低すぎるクレンジング剤は避けたいですね。

クレンジング剤によってはニキビができやすい

ニキビができやすいクレンジング剤は、使用する人の肌質によって違ってきます。

例えば、皮脂の分泌量が普通の人よりも多めなオイリー肌の人は、肌を守るためにと洗浄力の低い低刺激のクレンジング剤を使用していると、汚れを落とし切れずにニキビができてしまうことがあります。

毛穴に皮脂汚れが溜まると、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。
肌に負担を掛けたくないという気持ちはあるかと思いますが、毛穴に入り込んだ汚れをきちんと落とせるクレンジング剤を選びましょう。

また、敏感肌・乾燥肌の人は、肌への刺激が強いクレンジング剤の使用でニキビができやすくなってしまうことがあります。
界面活性剤の配合量が多く、洗浄力が高いクレンジング剤は、肌への刺激も強いことが多いです。
肌を健康に保つために必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌が悪化してしまう恐れもあります。

肌の乾燥はニキビ以外の肌荒れにもつながるので、クレンジング後に肌の突っ張りを感じる場合はクレンジング剤を見直してみたほうが良いかもしれません。
ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプのクレンジング剤なら、やさしい洗浄力で敏感肌・乾燥肌の人でも負担を掛けることなくメイク汚れを落とせます。

ニキビが気になる人が選ぶクレンジング剤

ニキビをつくらないためには、自分の肌に合ったクレンジング剤・自分のメイクに合ったクレンジング剤を使用することが大切です。
毛穴に入り込んだ汚れまできちんと落とせる洗浄力と、クレンジング後の肌を乾燥させない保湿力を兼ね備えたクレンジング剤なら、ニキビを増やすことなく美肌を目指していけるでしょう。

「DUOクレンジングバーム」は、メイクと汚れはしっかり洗い落としながらも、必要なうるおいを補ってさっぱり&しっとりとした洗いあがりを実現します。
クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの5つの役割を兼ね備えているクレンジング剤なので、W洗顔不要で肌に繰り返し負担を掛ける心配がありません。

肌にとって危険な成分は配合されておらず、敏感肌の人でも安心して使用できるやさしいクレンジング剤なので、市販のクレンジング剤で肌荒れを起こした経験がある人でも問題なく使用できるのではないでしょうか?

加水分解コラーゲンや加水分解ヒアルロン酸などの整肌成分も配合されているので、角質層まで浸透してすこやかな肌をサポートします。
また、液だれせず肌に密着するバームタイプなので、まつエクをしている人でも手軽にメイクを落とせます。

クレンジングの正しいタイミングとは?帰宅したらすぐ?それとも入浴時?

みなさんはいつクレンジングや洗顔をしていますでしょうか。

そのタイミング…実は間違っているかもしれないですよ。

お肌を綺麗に保つために大切なクレンジングと洗顔…。

この2つがしっかりとできていないといくら良いクリームや化粧水を使っていると、メイクや汚れが残っていたらお肌に浸透していかないんです。

しっかりと汚れを落とせる良いクレンジングや洗顔料を使っていたとします。

それでも、タイミングを間違えてしまうとその効果は半減してしまうんです。

クレンジングのベストタイミング

クレンジングのベストタイミングを知ってつやつやのお肌になりましょうね。

一番いいのは帰宅後すぐにお風呂へ入ること

クレンジングの一番理想的なベストタイミングというのは、帰宅後すぐにお風呂で行うことです。

お風呂の中でも一番最後に行うことが理想的なんです。

日中塗っている化粧品はお肌の大敵なんですよ。

ファンデーションというのは、ご存知のように7時間すると酸化してしまいますからね。

酸化すると何が悪いのでしょうか…

コスメは『過酸化脂質』という物質に変わることが知られています。

それが、肌の老化や毛穴のつまり、さらにはくすみの原因となってしまうんです。

メイクはそのため、一刻も早くオフすることが大切ですよ。

浴室でクレンジング剤を使っても大丈夫なのか

お風呂でメイク落としをしている人は、お風呂に入ってまず最初にメイクを落としていないでしょうか。

実はその行動が間違いなんです。

お風呂でのメイク落としは最後にしましょう。

身体が温まって毛穴が開いてからクレンジングをするようにするんです。

そうすると毛穴の奥の汚れも落ちやすいからです。

それに、洗顔が終わって何もせずに湯船に入っているとします。

そうすると、お肌の水分が失われて乾燥してしまうんですよ。

身体がしっかりあたたまることで、毛穴が開いてメイクや皮脂が浮いてきます。

そうすると、すごくメイクや汚れを落としやすくなるんです。

顔が濡れているので、濡れた手でも使えるクレンジングが良いですよ。

この時に湯船につかりながらでしたら、お湯が蒸発したスチーム効果になるんです。

お肌に何も塗っていないまっさらな状態というのは、乾燥を進めていく大きな原因の一つなんです。

最初にメイクを落としてしまったら、温まった身体から水分がどんどん蒸発してしまいます。

そうなると、お風呂から出たときには限界に達してしまって、つっぱった状態になってしまうんです。

そのためクレンジングと洗顔は最後に行うようにしましょうね。

W洗顔なしが一番簡単

ダブル洗顔不要のクレンジングと普通のクレンジングって、何が違うのでしょうか。

オイルクレンジング派という人も多いでしょう。

オイルタイプのクレンジングでの比較になるのですが、一言で言うと、オイルの切れが良いという違いがあるんです。

普通のクレンジングでは、何度お湯ですすいだとしても、ヌルヌルした感じが残ったり、目や鼻に落ち切らないオイルが溜まってしまいます。

どうしてかというと、水に馴染みにくいオイルだからです。

このようなオイルクレンジングは、毛穴にオイルが溜まりやすいので、

ニキビといったトラブルを発生させる原因になるんです。

ダブル洗顔不要のクレンジングオイルは、とにかく水と馴染みやすくて、

数回すすいだくらいでキレイに汚れやメイクを落とすことができるんです。

目や鼻にオイルが残ることもないですし、

ヌルつきなんかも全く感じません。

わざわざ洗顔の力を借りなくても、お湯だけで綺麗に落とせるのが、

ダブル洗顔なしのクレンジングの大きな特徴ですね。

今までダブル洗顔を当たり前のようにやってきた人にとって、クレンジングだけでちゃんとメイクが落とせているのかと心配になると思います。

でも大丈夫なんですよ

水との馴染みがとっても良く、メイクや汚れが肌に残ることもありません。

自分に合ったクレンジング選びが美肌への近道!今話題のクレンジングバームとは?

美肌になりたいと思っている方、一番重要なのは化粧品であると考えているのではないでしょうか。

実は化粧品の中でも最も美肌に近づくために重要なのがクレンジングなのです。

意外と考える方も納得している方も、クレンジングがなぜ美肌に近づくために重要なのか、ご存知でしょうか。

実はクレンジング一つで、肌の潤いや健康が保たれるかどうかが決まってしまうのです。

クレンジング選び一つで美肌になる近道となるので、しっかりとどんな売れんジングを選べば良いか抑えておくようにしましょう。

まずクレンジングを選ぶ際、今話題となっているのがクレンジングバームだと言われています。

昔はオイル系が流行していたのですが、今のクレンジングはクレンジングバームなのですね。

クレンジングバームはテクスチャが優しく、特にこだわりのあるクレンジングの場合には成分が無添加で界面活性剤も配合されていないことが大きな特徴となっています。

界面活性剤は肌に大きな負担となりますし、添加物も敏感肌の方にとっては危険ですよね。

これらの成分が入っていないので安心して使用することもできますし、テクスチャーに関しても怖がる必要もないでしょう。

またクレンジングバームの中でも洗浄力と保湿に特化したものがあるので、さらに肌への負担が大きく軽減されるのです。

ダブル洗顔もしなくて良いものまであるので、肌にとってもすごく優しいクレンジングとなりますよね。

まずは美肌を目指したいなら、今のクレンジングではなく話題のクレンジングバームにも注目し試してみましょう。

クレンジングの種類と特徴

いつも使用するクレンジングですが、その種類と特徴についてはよくご存知でしょうか?

まずはたくさんのクレンジングがあるので、しっかりと知っておくようにしましょう。

では定番のオイルタイプクレンジングですが、界面活性剤の割合が多いので強い洗浄力があり、柔らかなテクスチャーが特徴です。

ジェルタイプのクレンジングは、洗浄力も強いのですがテクスチャーがやや硬めで肌に摩擦が起きる可能性があります。

シートタイプのクレンジングは、肌を擦りながら化粧を落とすため負担が大きく洗浄力も比較的強めです。

ミルクタイプは洗浄力があまり強くないため、テクスチャーは柔らかくてもしっかりメイクをしているときはメイクが残ってしまう場合があります。

またクリームタイプのクレンジングは肌にはとても優しいのですが、比較的油分が多く水に流れ落ちにくいので毛穴に残る可能性があります。

クレンジングと一言で言ってもこれだけたくさんのクレンジングがあるので、選ぶ際には迷ってしまいますよね。

ですがこれらの特徴を知っているからこそ、自分にあったクレンジングが選べるのです。

まずは自分が使用しているクレンジングが良いものなのか、肌に負担となっていないかを考えて使用し続けるのか選択しましょう。

クレンジングバームが人気のわけ

クレンジングの中でも最近話題のクレンジングバーム、一体どうしてここまで話題となり人気が出ているのでしょうか?

実はその理由にはクレンジングバームだからこそできる、ある方法があるのです。

クレンジングを使用した際、どんなクレンジングでも次に洗顔をしないと肌は綺麗な状態にはなりませんよね。

ですがクレンジングバームならそれだけでさっぱりと綺麗に汚れを落とし、ダブル洗顔が必要ないのです。

さらにクレンジングバームは洗浄力が強いのに肌に潤いを与える成分が配合されているものが多く、乾燥肌の方にとっても優しく汚れを落とすことができるのです。

化粧はもちろんですが毛穴に詰まった皮脂汚れまでしっかりと洗い流してくれるでしょう。

さらにテクスチャーもとても優しく、とろみのある柔らかさで肌に負担なく使用することができるのです。

クレンジングバームは1回で十分、そして何より洗浄力が高いのに潤いまで保ってくれるところが大きな魅力となって、高い人気を誇っているのでしょう。

オイルクレンジングなどでもさっぱりすると思っている方もいるかもしれません。

ですがさらに洗顔をしてしまえば肌にとっては大きな負担とってしまいます。

肌のことも考える、さらに将来の美肌につながるケアの一つとしてクレンジングバームを取り入れる方も少なくはありません。

美肌を意識している方は、クレンジングをクレンジングバームに見直してみることから始めましょう。