毛穴の汚れはクレンジングで解消できる?つるつる肌の作り方

毛穴の汚れ、気になりますよね。
毛穴にいろんなものが詰まってしまいます。

でも、そんな毛穴の汚れの正体ご存じですか?

一般的に、毛穴に詰まった汚れのことを角栓といいます。
鼻パックをすると、角栓がたっぷりと撮れますよね。

角栓の正体は、ほとんどがタンパク質だそうです。
皮脂だと思っている方が多いみたいですが、角栓は皮脂3割、タンパク質7割だそうです。

体にはさまざまなたんぱく質があります。
たとえば、体から出てくる垢もタンパク質の一種。

毎日体を洗っていても垢はなかなか全部取り除くことはできません。
あかすりなど、しっかりと擦らないと体に残ってしまうでしょう。

また、角栓が皮脂だけであれば取り除くことは決して難しくはありません。
クレンジングバームを使えば皮脂は取り除くことができます。

でも、タンパク質も混ざっているんだから簡単に取り除くことは難しいですよね。

角栓を取る方法はいろいろあります。
しかし、鼻パック等無理やり剥がす方法を取ってしまうと、鼻の毛穴の開きが大きくなり、なかなか戻らないでしょう。

肌の為にも、毛穴の汚れは毎日少しずつケアをするようにして下さい。
少しずつでもケアをすれば、徐々に綺麗になります。

毛穴が目立ち始めるのは老化が原因?

赤ちゃんの肌はとてもキメが細かく、毛穴が全く目立ちません。

また、10代の肌も多くの人が綺麗な状態の毛穴を維持することが出来るでしょう。

しかし、年齢を追うごとにどんどん毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

これは、肌内部の栄養が不足してしまうからです。
人の肌内部にはさまざまな栄養があります。
しかし、年齢を追うごとにどんどん減少してしまうのです。

特に、肌の潤いやハリを保つコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると、人の皮膚はどんどん老化し、毛穴も目立ちやすい状態となってしまいます。

そのため、年齢を追うごとに毛穴が目立つのは当然でしょう。

しかし、人によっては若くても毛穴が開き、閉じない状態となっている人もいます。
毛穴が開くにはいろいろな原因があるでしょう。

普段のスキンケア、日常生活、過剰な皮脂分泌や日焼けが原因の場合もあります
毛穴が開きやすい生活をしていれば、若くても、10代でも毛穴が開くことは当然あるのです。

しかし、30代40代の肌よりも、若い素肌の方が毛穴は閉じやすいのです。
努力をすることで、毛穴は閉じます。

毛穴ケアに良いスキンケアを使い、丁寧なケアを心掛けましょう。

しっかりとケアを続ければ、毛穴も少しずつ小さくなるかもしれません。

毛穴の開きとスキンケア

毛穴ケア、気になりますよね。
やはり毛穴を改善するにはスキンケアが一番!

そこで気になるのが、スキンケアの種類。

スキンケアの基本はライン使いです。
化粧水、乳液、クリームや美容液等さまざまな工程で行います。

しかし最近はオールインワンタイプのスキンケアも増えて来ました。
時間がかからず、手間もかからず、1本でスキンケア完了なのでお財布にも優しい。

オールインワンタイプのスキンケアで毛穴が改善出来たらお得ですよね。

オールインワン商品はとても簡単にケア出来ます。
保湿力が高い商品も多く、肌の摩擦も少ないので美肌効果も高いといわれています。

しかし、オールインワン商品は浸透率が悪いと評判です。
潤いが足りない、べたつきやすい等のデメリットも多いでしょう。

もし、凄く自分に合ったオールインワンスキンケアを見つけた!
という訳でないのなら、毛穴ケアにはライン使いが良いのではないでしょうか。

ライン使いには意味があります。

ローションで水分を補給し、乳液で蓋をして、等、それぞれ意味がある動作なのです。
1本で済ますと簡単に終わりますが、その分足りないところも出てくるでしょう。

出来るだけ早く毛穴を改善したいのであれば、毛穴改善効果の高いスキンケアをラインで使った方が良いかも知れませんね。

クレンジングバームで同年代の差をつける!アンチエイジングに効果があり過ぎる!

メイクの濃さでクレンジングを選ぶ

オイルタイプのクレンジングには、「洗浄力が高くて肌が乾燥する」というイメージが強いです。

しかし、洗浄力が高いということは短時間で洗い流せるということでもあるのです。

クレンジングは長時間なじませることで肌に必要な皮脂を奪ってしまいます。

落ちにくいメイクをしている日は、クレンジングオイルでスピーディにメイクオフすることが、肌に負担をかけないことになるということですね。

複数のクレンジングを使い分けて正しくメイクオフ

例えば、アイメイクやリップカラーは落ちにくいものをチョイスします。

しかし、クレンジングクリーム1つで落ちにくいメイクを落とすのは非常に困難なのです。

反対に、石けんで落とせるようなミネラルファンデーションをクレンジングオイルで落としてしまうと、肌の乾燥につながりかねません。

肌老化を防ぐためには、複数のクレンジングを使い分けることもいいでしょう。

アイメイクなどの落ちにくいパーツにはポイント用リムーバーを、ライトなベースメイクにはクレンジングクリームを組み合わすのです。

そうすることで、肌に負担をかけることなくメイクオフすることができますよ。

もっとも、それを1つで解決するクレンジングバームがあるのです。

それが、ラミナーゼクレンジングバームです。

アンチエイジング効果も抜群で、W洗顔不要という優れものです。

これ1つでフケ防止にも良いですし、クレンジング効果も抜群なのです。

クレンジングで老化が進む

クレンジングは、洗顔では落とせない皮脂やメイクなどの油性汚れをしっかり落とす効果があります。

一方で、クレンジングの使い方や選び方により、摩擦ダメージを引き起こすことがあるのです。

そうすることで、肌に必要な皮脂を洗い流してしまいます。

クレンジングによる摩擦ダメージは、シミやくすみなどの原因であるメラニンの生成を促します。

また、肌に必要な皮脂が奪われるので、肌が乾燥してしまうのです。

バリア機能が低下してシワやたるみなどのエイジングサインにつながることがあるということですね。

毎日何気なく使用しているクレンジングが肌老化を加速させている場合もあります。

スキンケアアイテムに頼るだけでなく、クレンジングの選び方や使い方を見直すようにしてみましょう。

ラミナーゼクレンジングバームのアンチエイジング成分と使い方

ラミナーゼクレンジングバームには「洗浄」「黒ずみ解消成分」「美容・エイジングケア」などに効果が期待できる成分が配合されています。

洗浄成分

ラミナーゼクレンジングバームの特徴の1つが独自の特許技術「ラメラテクノロジー」です。

顔の汚れにはメイクや皮脂などの「油汚れ」の他に、汗やほこりなどの「水性の汚れ」があります。

それらの汚れを効率的に落とすため、水性の汚れは水で落とします。

油汚れは油で落とすことがポイントです。

ラメラテクノロジーは「ラメラ構造」という水と油の洗浄成分が交互になっている構造を取り入れたものです。

油汚れと水性の汚れをしっかりと包み込んで落としやすくしてくれるのです。

ラミナーゼクレンジングバームの特徴の1つに、W洗顔が必要ないということがあります。

逆にもう一度違う洗顔料で洗顔してしまうと、ラミナーゼクレンジングバームに配合されている美容成分も一緒に洗い流してしまうことになるので、W洗顔は推奨していないようです。

美容成分

ラミナーゼクレンジングバームは「フラーレン」という美容成分を配合しています。

フラーレンは「ビタミンCの172倍の抗酸化力」や「プラセンタの800倍のコラーゲン生成促進力」があるとされています。

エイジングケアにはとても効果的な成分ということです。

この成分が配合されているラミナーゼクレンジングバームを使用することで、肌に張りや潤いを与えてくれるのです。

優秀なクレンジングバームの成分は他と大きな違いが!驚きの効果とは?

1本で7つの役割

ラミナーゼクレンジングバームは、ただメイクを落とすだけではありません。

ラミナーゼクレンジングバームは7つの役割を持っているのです。

その7つの役割とは、クレンジング、洗顔、毛穴ケア、抗老化作用、パック、マッサージ、そしてトリートメント効果です。

W洗顔が不要で、黒ずみ・くすみ、張り不足の悩みに対応しています。

ラミナーゼクレンジングバームの最新の技術と豊かな美容成分が、モチモチしっとり肌へと導いてくれるのです。

黒ずみ解消成分として、パパイン酵素とホホバ種子油が配合されているのが何気にポイントが高いです。

肌にダメージを与えない

一時的に肌に効果のある成分であっても、刺激のあるものや結果的に肌によくないものは安心して使うことはできません。

ラミナーゼクレンジングバームは、肌にダメージを与えないよう、完全防腐剤フリーとなっているのです。

パラペン、フェノキシエタノール、安息香酸ナトリウムなどは使用されていません。

また、鉱物油、アルコール、合成着色料も配合されていません。

W洗顔不要で、低刺激を実現していて、さらに肌にダメージを与えることがないので、敏感肌への使用もおすすめです。

独自洗浄技術ラメラテクノロジーとは?

毛穴の汚れもしっかり落とす「ラメラテクノロジー??

ラメラ(ラメラ構造)とは

肌の角質層は、角質細胞と角質細胞の間を埋める間にセラミドなどの細胞間脂質からできています。

細胞間脂質は、水-脂質-水-脂質-水…とミルフィーユのような層になっているのです。

このミルフィーユ状態の結晶構造をラメラ構造と呼んでいます。

肌はこのミルフィーユのような構造で、水分を保持し、保護機能を保っているのですね。

ラメラ構造を化粧品の構造に

皮膚臨床薬理研究所は、水と脂を層状に形成するラメラ構造の化粧品の開発に成功したのです。

人の肌にある細胞間脂質と同じラメラ構造の化粧品です。

この革新的な技術がラメラテクノロジーなのです。

ラメラテクノロジーは、日本だけでなく、アメリカやEU諸国でも特許を取得しています。

メイクも汚れもしっかり落とす

肌の汚れはメイクや皮脂などの油汚れ、汗やほこりなどの水性の汚れの2種類に分けることができます。

汚れを落とすには、油汚れには油分、水性の汚れには水に溶かし包み込む必要があるのです。

世界特許取得のラメラテクノロジーが生かされた洗浄成分は、水分と油分が層になって両方の性質を持っています。

余分な皮脂やメイク汚れ、目に見えない汚れもしっかり落とすことができるということですね。

ラメラ構造の中に汚れを取り込んで落とすので、刺激を与えることもないのです。

プラセンタの800倍の力フラーレンとは?

ハリ生成成分「フラーレン」配合

フラーレンって何?

フラーレンは炭素原子がサッカーボールのような球形で網目状につながった空洞の構造をしたクラスターです。

フラーレンの発見者は1996年にノーベル化学賞を受賞しているのです。

フラーレンの独自の特性を生かし、医療分野や化粧品に研究開発が世界で進められて応用されています。

ビタミンCの172倍の抗酸化力

フラーレンは老化の原因となる活性酸素を消去する働きを持っています。

その高い抗酸化力はビタミンCの172倍という試験結果が出ているのです。

特に紫外線によって肌に生成する活性酸素に対して高い抗酸化力があります。

低刺激で高い抗酸化力を期待できることから、美容業界でも注目されている成分なのです。

フラーレンの役割

フリーラジカルといった酸化ストレスや過剰な活性酸素は肌にダメージを与えます。

さらに、老化の要因になると言われています。

フラーレンのもつ高い抗酸化力は、シミやシワの生成を抑制し、健やかな肌へと導いてくれます。

メラニンを作るメラノサイト活性化因子をフラーレンが抑えるのです。

そして、フラーレンはプラセンタの800倍もの力があるとされています。

高い保湿効果と美肌効果が肌の状態を改善へと促します。

肌本来の保護機能が高まることで、ツヤや張りを生み出す美容効果を期待できるのです。

しかもフラーレンの効果は11時間持続するといわれているのですからすごいですね。