クレンジングバームで同年代の差をつける!アンチエイジングに効果があり過ぎる!

メイクの濃さでクレンジングを選ぶ

オイルタイプのクレンジングには、「洗浄力が高くて肌が乾燥する」というイメージが強いです。

しかし、洗浄力が高いということは短時間で洗い流せるということでもあるのです。

クレンジングは長時間なじませることで肌に必要な皮脂を奪ってしまいます。

落ちにくいメイクをしている日は、クレンジングオイルでスピーディにメイクオフすることが、肌に負担をかけないことになるということですね。

複数のクレンジングを使い分けて正しくメイクオフ

例えば、アイメイクやリップカラーは落ちにくいものをチョイスします。

しかし、クレンジングクリーム1つで落ちにくいメイクを落とすのは非常に困難なのです。

反対に、石けんで落とせるようなミネラルファンデーションをクレンジングオイルで落としてしまうと、肌の乾燥につながりかねません。

肌老化を防ぐためには、複数のクレンジングを使い分けることもいいでしょう。

アイメイクなどの落ちにくいパーツにはポイント用リムーバーを、ライトなベースメイクにはクレンジングクリームを組み合わすのです。

そうすることで、肌に負担をかけることなくメイクオフすることができますよ。

もっとも、それを1つで解決するクレンジングバームがあるのです。

それが、ラミナーゼクレンジングバームです。

アンチエイジング効果も抜群で、W洗顔不要という優れものです。

これ1つでフケ防止にも良いですし、クレンジング効果も抜群なのです。

クレンジングで老化が進む

クレンジングは、洗顔では落とせない皮脂やメイクなどの油性汚れをしっかり落とす効果があります。

一方で、クレンジングの使い方や選び方により、摩擦ダメージを引き起こすことがあるのです。

そうすることで、肌に必要な皮脂を洗い流してしまいます。

クレンジングによる摩擦ダメージは、シミやくすみなどの原因であるメラニンの生成を促します。

また、肌に必要な皮脂が奪われるので、肌が乾燥してしまうのです。

バリア機能が低下してシワやたるみなどのエイジングサインにつながることがあるということですね。

毎日何気なく使用しているクレンジングが肌老化を加速させている場合もあります。

スキンケアアイテムに頼るだけでなく、クレンジングの選び方や使い方を見直すようにしてみましょう。

ラミナーゼクレンジングバームのアンチエイジング成分と使い方

ラミナーゼクレンジングバームには「洗浄」「黒ずみ解消成分」「美容・エイジングケア」などに効果が期待できる成分が配合されています。

洗浄成分

ラミナーゼクレンジングバームの特徴の1つが独自の特許技術「ラメラテクノロジー」です。

顔の汚れにはメイクや皮脂などの「油汚れ」の他に、汗やほこりなどの「水性の汚れ」があります。

それらの汚れを効率的に落とすため、水性の汚れは水で落とします。

油汚れは油で落とすことがポイントです。

ラメラテクノロジーは「ラメラ構造」という水と油の洗浄成分が交互になっている構造を取り入れたものです。

油汚れと水性の汚れをしっかりと包み込んで落としやすくしてくれるのです。

ラミナーゼクレンジングバームの特徴の1つに、W洗顔が必要ないということがあります。

逆にもう一度違う洗顔料で洗顔してしまうと、ラミナーゼクレンジングバームに配合されている美容成分も一緒に洗い流してしまうことになるので、W洗顔は推奨していないようです。

美容成分

ラミナーゼクレンジングバームは「フラーレン」という美容成分を配合しています。

フラーレンは「ビタミンCの172倍の抗酸化力」や「プラセンタの800倍のコラーゲン生成促進力」があるとされています。

エイジングケアにはとても効果的な成分ということです。

この成分が配合されているラミナーゼクレンジングバームを使用することで、肌に張りや潤いを与えてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です